支出を減らす行動

【2022年版】誰もが持つべきクレジットカード

こんにちは。ファイナンシャルプランナーのTABO(@tabosuuuu)です。

TABOブログでは、「好きなことをして生きる」ために、「リスクがなく」「あまりめんどくさくない」行動から始めようということをお伝えしています。

紹介しているおすすめ行動の1つが、「現金を使うのをやめる」ということで以下のキャッシュレス決済をおすすめしています。

  • クレジットカード
  • 電子マネー
  • QRコード決済

それぞれのおすすめは以下の通りです。

  • クレジットカード:楽天カード
  • 電子マネー:モバイルSuica
  • QRコード決済:PayPayと楽天ペイ

これらについては、現金を使うのをやめようの記事で詳しく説明しているのでこちらもご覧ください。

上記の3種類は現在も変わらず積極的に使ってほしい支払い方法ですが、常に新しいものは生まれ続けています。

今回は、2022年に誰もが持つべきと自信を持って言えるクレジットカードを紹介します。

2022年現在、誰もが持つべきクレジットカードは、

「三井住友カードNL」

です。

三井住友カードNLを持つべき最大の理由

誰もが三井住友カードNLを持つべき最大の理由は、

「コンビニでの支払い時のポイント還元率が圧倒的に高いから」

です。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン

での支払いを、三井住友カードNLのタッチ決済にすることで、支払額の5%がポイント還元されます

また、コンビニだけでなく、マクドナルドでの支払いでも5%還元されます。

さらに2022年10月から対象店舗が以下の通り増えました!

出典:三井住友カード

クレジットカードの還元率として、1%を超えれば優秀と言われる昨今で5%の還元率は圧倒的です。

さらに、後述する家族ポイントも合わせればポイント還元率を10%に上げることができます

いまだにコンビニで現金払いをする人が多い中、三井住友カードNLを使って毎回10%ポイント還元されていれば、お金の溜まり方に大きく差が出てくるでしょう。

三井住友カードNLのメリットは多い

三井住友カードNLには他にも以下のメリットがあります。

  • 年会費無料
  • 溜まったポイントはクレジットカードの引き落としに充当可能
  • 家族ポイントでさらにポイント5倍
  • SBI証券でのクレジットカード積立で0.5%還元

年会費無料

三井住友カードNLの年会費は無料です。

TABOブログでは、基本的に年会費のかかるクレジットカードはおすすめしていません

年会費がかかるクレジットカードには独自の特典があったりするものですが、その特典が年会費に見合わないことが多いですし、そもそも見合っているか判断がつかないことも多いからです。

溜まったポイントはクレジットカードの引き落としに充当可能

いくらたくさんのポイントを獲得しても、そのポイントを使える場所が限られていたり、期限が短いようでは意味がありません。

ポイントの1番良い使い方はクレジットカードの引き落としに充当することです。

三井住友カードNLで貯めたポイントは、キャッシュバックという仕組みで、1ポイント1円で引き落としに充当することができます。

クレジットカードで貯めたポイントの使い方については1番お得な楽天ポイントの使い道の記事で詳しく紹介しています。

楽天ポイントの話をしていますが、クレジットカードのポイントという点で共通の考え方ができます。

家族ポイントでさらにポイント5倍

三井住友カードには家族ポイントという制度があります。

家族ポイントとは、三井住友カードを持っている2親等以内の家族を、三井住友カードのサービスに1人登録するごとに、ポイント還元率が1%上がり、5人以上登録すると最大5%まで還元率が上がるというものです。

今回紹介している三井住友カードNL以外にも対象の三井住友カードはたくさんあるので、既に親や兄弟が対象のクレジットカードを持っていれば、サービスに登録するだけで還元率を上げることができます。

対象のクレジットカードは以下の通りです。

出典:三井住友カード

対象のクレジットカードを持っていない場合でも、今回紹介している三井住友カードNLを作れば簡単に還元率を上げることができます。

前述の通り、三井住友カードNLの年会費は無料ですし、家族ポイントのサービス登録ももちろん無料なのでまったくリスクなく還元率を上げることができます。

SBI証券でのクレジットカード積立で0.5%還元

TABOブログでは、SBI証券や楽天証券でのつみたてNISAやインデックス投資を推奨しています。

SBI証券で積立投資をする際、三井住友カードNLを使えば、5万円までの積み立てならば0.5%のポイントが還元されます

年60万円投資すれば3,000円分のポイントが還元されるということです。

SBI証券で優良なインデックスファンドに投資をしながらポイントまで還元されるのは非常にお得なのでぜひ利用して欲しいと思います。

なお、後述する三井住友カードゴールドNLならば1%還元されます

TABOブログでは、行動の第一歩としてまず支出を減らすことをおすすめしていて、投資については、「確定拠出年金の見直し」や、「100円からでもいいからつみたてNISAを始める」という小さなことから始めようということをすすめています。

そのため、これから行動を始められる人でしたら、まだクレジットカード積立でポイント還元されることにメリットを感じる人は少ないかもしれませんが、行動を始め継続していけば、インデックス投資をしてみようと思う瞬間が必ず来ます。

そのときに、既に積立投資に適したクレジットカードを持っていることで、始める際のめんどくささを減らすことができるので、行動を始めるハードルを大きく下げることができます。

なお、確定拠出年金の見直しとつみたてNISAについては、以下の記事で紹介しているので、ぜひこちらもご覧ください。

【確定拠出年金の見直し】

リスクゼロで投資を始める方法〜確定拠出年金を見直そう〜

【つみたてNISA】

一般NISAとつみたてNISAどちらを選ぶべきか

なぜ全員にすすめられるか

今回、「コンビニでの支払い時のポイント還元率の高さ」を理由に、三井住友カードNLを「誰もが持つべきクレジットカード」と紹介していますが、ご覧いただいている人の中には、

SU

節約をすすめているのにコンビニ用のカードをすすめるのはおかしくないかー

と思われる人もいるかもしれません。

たしかにスーパーやネットの方が安いものを日常的にコンビニで買うことはおすすめしません

しかし、生活の中では、

  • ちょっと喉が渇いた
  • ちょっとお腹が空いた
  • ちょっと料理の材料が足りなかった
  • ちょっとこの日用品が必要

といった「ちょっとの用途を満たしたい瞬間」が存在します。

そうした時に、「コンビニで買うなんてもったいない」と我慢してしまうのは「生活の満足度を下げることになる」と私は思っています。

多くの人が「収入を増やす方法」を探して、結局何も行動できずに自己嫌悪に陥っているため、TABOブログでは、「収入を増やす」前に「支出を減らす」ことをおすすめしています

しかし、支出を減らすために何かを我慢してはいけません

使うべきところには使いましょう。

大切なのは「今自分が買おうとしているものは本当に欲しいものか」考えることです。

生活の満足度を下げずに支出を減らすことでみなさんの行動は加速します。

年間100万円以上使う人は三井住友カードゴールドNLが圧倒的におすすめ

これまで、誰もが三井住友カードNLを持つべきと説明してきましたが、もしあなたが、年間100万円以上クレジットカードを使うことができるのであれば、三井住友カードNLではなく、「三井住友カードゴールドNL」の方をおすすめします。

三井住友カードゴールドNLをおすすめする最大の理由は、

「一度でも年間100万円以上使用すれば、翌年以降の年会費が永年無料だから」

です。

年間1万円以上の年会費が必要なゴールドカードは多いです。

この三井住友カードゴールドNLも5,500円の年会費がかかりますが、一度でも年間100万円以上使用すれば、翌年以降の年会費が永年無料になります。

翌年以降ということは、初年度に年間100万円を達成して永年無料になってしまえば、2年目に100万円使わなかったとしても2年目だけでなく3年目以降も年会費が無料ということです。

永年とは「永い間」という意味なので、今後永遠に変わらないというものではありませんが、2021年7月に始まった比較的に新しいサービスのため、そんなにすぐに制度が変わらないと思いますし、変わった際には、そのとき1番お得なクレジットカードに乗り換えれば良いだけなのでリスクはありません。

初年度は5,500円の年会費がかかりますが、2022年12月31日までは8,000ポイント付与のキャンペーンを実施中のため、実質年会費無料で作ることができます。

三井住友カードゴールドNLには他にも以下のメリットがあります。

  • 100万円の利用で毎年1万ポイント還元
  • SBI証券でのクレジットカード積立で1%還元
  • ゴールドカードとしての特典も多い

100万円の利用で毎年1万ポイント還元

年間100万円以上利用すると、1万ポイントが還元されます。

基本還元率は0.5%のため、年間100万円の利用ならば、コンビニ以外の利用でも実質還元率が1.5%になります。

クレジットカードは1%の還元率でも高いため、1.5%の還元率は非常に優秀です。

SBI証券でのクレジットカード積立で1%還元

三井住友カードNLでSBI証券のクレジットカード積立を行うと0.5%ポイント還元されると説明しましたが、三井住友カードゴールドNLだと1%還元されます。

月5万円が上限ですが、年60万円投資すると6,000ポイントも還元されるということです。

なお、年会費を永年無料にするための年間100万円使用の条件に、クレジットカード積立の金額は含まれませんので、そこだけはご注意ください。

ゴールドカードとしての特典も多い

実質無料で持つことができる三井住友カードゴールドNLですが、ゴールドカードらしく例えば以下の特典があります。

  • 空港でのカードラウンジ利用可能
  • 国内外の旅行での保険付帯
  • ショッピング保険付帯

これらの特典のためだけに年会費のかかるゴールドカードを持つことには反対ですが、無料で持つことができて、これらの特典を受けられるならば絶対に持つべきクレジットカードと言えます。

おわりに

今回は、【2022年版】誰もが持つべきクレジットカードとして「三井住友カードNL」と「三井住友カードゴールドNL」を紹介しました。

  • 初年度に年間100万円以上利用できる人:三井住友カードゴールドNL
  • 初年度に年間100万円以上利用できない人:「三井住友カードNL

を選んでおけば問題ありません。

三井住友カードNLをおすすめする最大の理由は、「コンビニでの支払い時のポイント還元率が圧倒的に高いから」です。

コンビニとマクドナルドでの支払い時に、誰でも5%、家族ポイントも併用すれば10%のポイント還元を受けられます。

さらに、2022年10月から対象店舗が以下の通り増えており三井住友カードNLのおすすめ度はさらに高まっています。

出典:三井住友カード

1%前後のポイント還元率のクレジットカードが多い中、5%を超えるというのは圧倒的です。

コンビニでお金を使うことに否定的な人もいますが、生活の満足度を下げずに支出を減らすならば必要に応じてコンビニは利用すべきだと私は思っています。

私TABOは、飲み会の帰りに酔っ払ってコンビニで麺類や甘いものを買うことが多いですが、それらを食べているときに幸せを感じます。

そういったものを我慢してまで節約をしたくはないですし、それらを我慢しなくても正しく家計を見直していけば確実に支出を減らすことができます

これからも生活の満足度を下げずに支出を減らす行動を繰り返し「好きなことをして生きる人生」に少しずつ近づいていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。ではまた。